RUM(Rikkyo University Mission)チャペル講演会「世界平和における宗教の役割 —世界宗教者平和会議の視点から—」

INFORMATION

  • 2019年1月18日(金)18:00~19:30
  • 池袋キャンパス 立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋チャペル)

シリア難民の課題、度重なる内戦、紛争を解決できないまま混迷を深めてきた世界は、2017年のD.トランプ氏のアメリカ合衆国大統領就任によって、さらに自国優先政策を強め、他民族の排除や米中の貿易戦争の激化にみられるように、世界全体の平和バランスは崩壊に瀕している。また国内に目を向ければ、先の自民党総裁選での安倍氏の圧勝を受けて、憲法改正、日本の安全保障など、深刻な変化が予感されはじめている。そうした世界平和の危機的な状況の中で、市民たちによる、まことの平和とは何かを問う声は大きくなっている。同時に、平和への寄与を謳う諸宗教への期待と懐疑も拡大している。今から約70年前、文部省訓令第12号によって、キリスト教教育を一旦は手放した本学は、今一度、この危機的な現実の中で、「キリスト教に基づく教育を行う」とした建学の理念に立ち返り、平和を希求する学府としての自覚を新たにしたいと願い、本講演会を開催する次第である。

講師

日本聖公会首座主教、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会理事長
植松 誠 氏

1952年生まれ。1975年大阪芸術大学芸術学部音楽学科卒業(芸術学士)。1979年米国フィリップス大学大学院言語聴覚障害学科修了(Master of Science)。1982年米国聖公会サウスウェスト神学院修了(神学修士)。 1998年同神学院修了(神学博士)。日本聖公会大阪教区司祭を経て、1994年日本聖公会管区事務所(教団本部)総主事就任、1997年日本聖公会北海道教区主教就任。2006年日本聖公会首座主教就任。2018年世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会理事長就任。

詳細情報

名称

RUM(Rikkyo University Mission)チャペル講演会「世界平和における宗教の役割 —世界宗教者平和会議の視点から—」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

チャプレン室

お問い合わせ

チャプレン室事務課

イベントレポート