統計教育大学間連携ネットワーク公開講演会「Randomization-based introductory statistics courses and the research evidence around how these courses affect student learning」※要事前申込

統計教育大学間連携ネットワーク、滋賀大学 主催

INFORMATION

  • 2017年3月16日(木)14:00~16:00
  • 滋賀大学彦根キャンパス(滋賀県彦根市馬場1-1-1)
    データサイエンス棟1階 DSラーニングコモンズ

立教大学が参加している文部科学省平成24年度大学間連携共同教育推進事業「データに基づく課題解決型人材育成に資する統計教育質保証」の一環として、統計教育大学間連携ネットワーク(JINSE)が、統計教育改革の推進者であり、また、統計教育研究の第一人者であるRobert delMas氏を招聘し、滋賀大学で下記講演会を開催します。
※使用言語:英語(通訳なし)

講師

Associate Professor, Department of Educational, Psychology, University of Minnesota
Robert delMas 氏

アメリカ統計協会の統計教育セクション主催の数々のプロジェクトの主要メンバーとして活躍するなど、統計教育研究の第一人者である。最近導入が進んでいるシミュレーションを用いた統計的推測法学習法の実践とその学習成果評価プロジェクトを進めており、今回の講演会では、具体的な学習プログラムとその効果についての研究成果を紹介する。

その他の情報

日時
2017年3月16日(木)14:00~16:00
場所
滋賀大学彦根キャンパス(滋賀県彦根市馬場1-1-1)
データサイエンス棟1階 DSラーニングコモンズ
名称
統計教育大学間連携ネットワーク公開講演会「Randomization-based introductory statistics courses and the research evidence around how these courses affect student learning」
主催
統計教育大学間連携ネットワーク、滋賀大学
共催
社会情報教育研究センター
対象者
本学学生、教職員、校友、一般
受講料 無料
申し込み
申込不要(直接当該教室へお越しください)

お問い合わせ

統計教育大学間連携ネットワーク事務局

注)@を半角にしてください。

イベントレポート

VOL.35

2017/04/25

法学部主催「国際人に求められる素養と大学での学び~現場の経験...