イベント・講演会

21世紀社会デザイン研究科主催
公開講演会・パネルディスカッション
「13歳からの男子の"性"を考える」

昨今問題とされている思春期の子どもたちの性の問題は、性行動の若年化やそれに伴う若年妊娠や性感染症にとどまらず、インターネットの普及により性情報の氾濫による影響も大きくなっています。メディアやコミュニケーション技術が急速に発達する中で、学校、家族、地域を含めた望ましい性教育・ケアのあり方について、当事者も含めて議論される機会はほとんどありません。
本シンポジウムは、染矢明日香・みすこそ著『マンガで学ぶ13歳からの男子のこころ・からだ・性(仮題)』の出版を記念し、当事者である思春期の子どもたちと、性や教育に関わる専門家と共に、これからの日本において子どもたちに本当に必要な“性”の学びについて議論を深めます。第1部では、思春期学会名誉会員で性教育の研究・実践を行ってきた村瀬幸浩氏より13歳の男子を取り巻く性の現状と課題についての基調講演の後、第2部では、当事者である思春期の子どもたちとNPO法人ピルコン理事長染矢明日香氏が対談を行います。続く第3部では、教育に関わる有識者を招いてのパネルディスカッションを行い、少子化と子どもの貧困が同時に進んでいる日本社会の中で、若年妊娠、中絶、虐待、性感染症、不妊など、性と生に関わる課題について、多角的な視点から解決策を探っていきます。

日時 2015年6月20日(土)14:00~17:30
場所 池袋キャンパス 11号館3階 A301教室
講師 ≪講師・パネリスト・コーディネーター経歴≫
村瀬 幸浩 氏(日本思春期学会名誉会員、“人間と性”教育研究協議会幹事)
高校で保健体育教員として25年間勤務。その後一橋大学等で講師を務める。長年の教育経験を基に、思春期の子どもに対して正しい性知識と自分の身体を守る大切さを説き、子ども自らが性を学ぶ姿勢を促す。

染矢 明日香 氏(NPO法人ピルコン理事長)
2007年、慶應義塾大学在学中にピルコンを設立し、2013年NPO法人化。「無関心層を関心層に」をテーマに若者が参加しやすく興味関心のテーマに沿った性の知識や男女間のコミュニケーションスキルの啓発イベントを数多く開催している。

岩切 準 氏(特定非営利活動法人夢職人 代表理事)
大学時代に教育、福祉、心理に関する様々な団体で活動経験を積み、大学在籍中(2004年)に「夢職人」を設立。2008年にNPO法人化し、「特定非営利活動法人夢職人」の代表理事に就任。これまでにのべ3000人以上の子どもや青少年の成長支援に携わる。

内田 洋介 氏(慈愛会今村病院泌尿器科医部長、鹿児島大学非常勤講師)
泌尿器科医の立場から地元高校生への性教育講演や、幼い男の子のお母さん達への「おちんちん講座」などを行う。所属学会は日本泌尿器科学会(専門医、指導医)、日本性機能学会(専門医)、日本性科学会(認定セックスセラピスト)、日本性感染症学会(認定医)、日本思春期学会、GID学会など。NPO法人JASH 日本性の健康協会会員。

金子 由美子 氏(『季刊セクシュアリティ』編集長、日本思春期学会理事、公立中学校養護教諭)
中学校の養護教諭として三十数年、保健室で思春期の生徒たちの「からだ・こころ・性」の成長を見守り、発達の支援を行う。現在“人間と性”教育研究協議会編集『季刊セクシュアリティ』の編集長を務め、現職の養護教諭だからこそのリアルを追求し、「子どもの性」の現実に焦点を当てた編集を心掛けている。

渡辺 真由子 氏(メディアジャーナリスト)
青少年の「性」や「ネットいじめ」、ジェンダー問題を15年以上にわたり取材し、メディア・リテラシーの観点から対応策を提言。豊富な取材経験に基づく、青少年心理の分析に定評。「人間の尊厳が重んじられる社会」の構築へ向け、著書の執筆や講演を精力的に行なう他、新聞連載・テレビのコメンテーターを多数務める。

山口 いわお 氏(NPO法人JASH 日本性の健康協会代表、看護師、八千代市思春期保健ネットーワーク委員)
自身・パートナーの不育症や産後クライシスの体験から日本の性のあり方に着目し、NPO法人JASH 日本性の健康協会を設立。教科書や統計では学べない「当事者の声」を発信し、明るく楽しくまじめに性について話せる社会の実現を目指す。講演会では自らの体験を交えつつ男子の性について伝えている。ふたりの男児の父。
対象者 21世紀社会デザイン研究科学生、本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料
内容 開会挨拶:中村 陽一(本学大学院21世紀社会デザイン研究科教授・法学部教授兼任、社会デザイン研究所所長)

【第1部】基調講演『男子を取り巻く性の現状と課題について』
村瀬 幸浩 氏(日本思春期学会名誉会員、“人間と性”教育研究協議会幹事)

【第2部】思春期の子どもたちに聞くこころ・からだ・性の悩み
染矢 明日香 氏(NPO法人ピルコン理事長)
13歳~16歳の男女 2名程度

【第3部】パネルディスカッション『これから必要な性の学びについて』
村瀬 幸浩 氏(日本思春期学会名誉会員,“人間と性”教育研究協議会幹事)
染矢 明日香 氏(NPO法人ピルコン理事長)
岩切 準 氏(特定非営利活動法人夢職人 代表理事)
内田 洋介 氏(慈愛会今村病院泌尿器科医部長, 鹿児島大学非常勤講師)
金子 由美子 氏(『季刊セクシュアリティ』編集長, 日本思春期学会理事, 公立中学校養護教諭)
渡辺 真由子 氏(メディアジャーナリスト)

コーディネーター:山口 いわお 氏(NPO法人JASH 日本性の健康協会代表、看護師、八千代市思春期保健ネットーワーク委員)
主催 21世紀社会デザイン研究科
共催 社会デザイン研究所
問合せ先 21世紀社会デザイン研究科委員長室
TEL:03-3985-2181 (月~金)11:00~18:00
備考 詳しいチラシはこちらから

イベント・講演会一覧へ

イベント・講演会検索

月別一覧

連続公開講座・セミナー

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.