イベント・講演会

法学部、科学研究費補助金・基盤研究(A)「中国・インド大国化とアジア:内政変動と外交変容の交錯」(代表者:竹中千春)主催
国際シンポジウム「中国とどう向き合うか? ― 台頭する中国・パワーシフトと近隣アジアの政治変動 ― 」※要事前申込※時間が変更になりました

中国の急速な発展により、アジアの国際政治には大きなパワーシフトが生じている。台頭する中国は、既存の秩序や価値観にどのような衝撃を与えているのか、また、それとどのような関係を築こうとしているのか。パワーと価値観の対立・衝突・融合・構成を直接に経験しているのは、大国の狭間にある多くの小さな国や地域である。本シンポジウムでは、中国と米国・インドなどの大国と間にある東アジア・東南アジア・南アジアの国や地域の政治と社会に、中国の台頭がどのような影響と変化をもたらしているのかを、幅広い事例をもとに考える。使用言語:日本語・英語(同時通訳あり)

日時 2015年1月24日(土)9:30~18:2010:00~18:00
※時間が変更になりました
場所 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール
対象者 立教学院の全教職員、学生、生徒、一般市民、研究者、ビジネス・メディア・政府関係者
※入場無料
内容 日本・韓国・香港・オーストラリアなど、中国の台頭に直面している多くの国・地域から研究者を広く招き、中国の台頭への対応の仕方について議論する。メディア関係者、研究者、市民、学生に広く参加を呼びかける。

■第一セッション:東アジアのパワーシフトと日韓関係

《司会》
孫 斉庸(本学法学部准教授)

《報告者》
天児 慧 氏(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。専門は、中国政治、現代中国論、東アジア国際関係論)

金 興圭(Heungkyu KIM)氏(亜州大学政治外交学科教授・亜州大学中国政策研究所所長。専門は、中国政治、東アジア国際関係論)

レイフ-エリック イーザリ(Leif-Eric EASLEY)氏(梨花女子大学助教授・アサン政策研究院リサーチフェロー。専門は、東アジア国際関係論、安全保障問題)

《討論者》
李 鍾元 氏(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。専門は、国際政治、東アジアの国際関係論)

林 載桓 氏(青山学院大学国際政治経済学部准教授。専門は、現代中国政治、比較政治)

■第二セッション:香港の民主化問題

《司会兼報告者》
倉田 徹(本学法学部准教授)

《報告者》
黄 偉豪 氏(香港中文大学政治・行政学系副教授。専門は、香港政治、公共政策学)

沈 旭暉 氏(香港中文大学社会科学院副教授。専門は、国際政治、中国のナショナリズムと外交、香港の対外関係など)

《討論者》
高原 明生 氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門は、現代中国政治、東アジア国際政治)

■第三セッション:インド洋周辺の国々

《司会》
竹中 千春(本学法学部教授)

《報告者》
プルネンドラ・ジェイン(Purnendra JAIN)氏(アデレード大学教授。専門は、アジア太平洋地域の政治発展、日本・中国・インドを中心とした地域研究・比較政治)
 
《討論者》
李 鍾元 氏
高原 明生 氏
根本 敬 氏(上智大学教授)
申込 ※事前の申込が必要、先着順
件名に「1/24 立教大学国際シンポジウム参加希望」と明記していただき、お名前(ふりがな)、ご所属、連絡先(メールアドレスなど)を本文にご記入の上、こちらのメールアドレス(welcomerikkyo2015@gmail.com)からお申し込みください。

※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。申込み期限(2015年1月22日)
※これらの個人情報は、今回の国際シンポジウムのご案内用としてのみ利用いたします。第三者には提供いたしません。
問合せ先 法学部 倉田研究室
E-mail:welcomerikkyo2015@gmail.com

イベント・講演会一覧へ

イベント・講演会検索

月別一覧

連続公開講座・セミナー

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.