イベント・講演会

立教大学文学部文学科フランス文学専修主催(創立50周年関連企画)
公開シンポジウム
「マルグリット・デュラス生誕100周年《書くことこそ、と彼女は言う》」

20世紀フランスを代表する女性作家マルグリット・デュラスは、現在国内外での研究も大変盛んであり、2014年に彼女の生誕100周年を記念するシンポジウムがフランスをはじめ多くの国々で準備されている。このような中、日本ではまだ本格的なイベントが企画されておらず、多くのデュラス研究者を輩出してきた本学フランス文学専修が主となり国際的なシンポジウムを開催することがフランス文学関係者の中からも望まれている。本シンポジウムは学術研究の最新の成果を国内外問わず討議し合う有意義な場となるべく、デュラス研究の権威であるベルナール・アラゼ氏をフランスから招聘(予定)し、学術的なデュラス論について討議するほか、詩人、映画批評家など学外からも多くの著名人にご参加頂き、忌憚なき意見交換を通して、21世紀におけるデュラス作品の意味について広く討論する国際シンポジムを目指すものである。※使用言語:フランス語、日本語(通訳あり)

日時 2014年3月1日(土)10:00~18:00
場所 池袋キャンパス 太刀川記念館3F 多目的ホール
講師 ベルナール・アラゼ 氏(フランス・パリ第3大学准教授)
清水 徹 氏(明治学院大学名誉教授)
小林 康夫 氏(東京大学大学院教授)
岡村 民夫 氏(法政大学教授)
杉原 賢彦 氏(映画批評家)
小沼 純一 氏(早稲田大学教授)
小川 美登里 氏(筑波大学准教授)
ヤン・メヴェル 氏(東北大学准教授)
小倉 和子(本学異文化コミュニケーション学部教授)
澤田 直(本学文学部教授)
宇野 邦一(本学現代心理学部教授)
関 未玲(本学ランゲージセンター教育講師、文学部兼任講師)※講師兼通訳
対象者 本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料
共催 立教大学フランス語フランス文学会、立教大学心理芸術人文学研究所
立教大学異文化コミュニケーション学部
【後援】(予定)
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、日本フランス語フランス文学会、日仏会館、河出書房新社
問合せ先 学部事務1課(文学部担当) TEL:03-3985-2530
備考 当日の詳しいプログラムはこちらから

イベント・講演会一覧へ

イベント・講演会検索

月別一覧

連続公開講座・セミナー

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.