イベント・講演会

2013年トランスナショナル・シネマ・シンポジウム
「第2次世界大戦を見る二つの視点:記録としての映画、フィクションとしての映画」

異文化間の衝突において、歴史問題に関する認識の差異が原因となっていることがある。また、これらの歴史認識や、異文化に対するイメージは、映画などの視覚メディアによって影響を受けている。したがって、異文化コミュニケーションの促進における映像メディアの役割は重要である。本シンポジウムでは、国家の間に置かれた歴史、境界の中に閉じ込められた人々の記憶、そして彼らが夢見た自由な空間を再現する映画の上映会を開催し、東アジアの歴史、映画、文化などの専門家によるコメントや映画監督とのディスカッションの場を設けて、未来志向的な市民社会のために、また異文化コミュニケーションの促進に映画が果たす役割を模索する。

日時 2013年12月15日(日)10:00~18:30
場所 池袋キャンパス 14号館3階 D301教室
講師 内海 愛子 氏
【略歴】
大阪経済法科大学 アジア太平洋研究センター所長。日本朝鮮研究所、インドネシア国立パジャジャラン大学、恵泉女学園大学などを経て、現在、韓国人朝鮮人BC級戦犯者の戦後補償運動を応援する市民グループで活動。著書に『朝鮮人BC級戦犯の記録』(勁草書房)、『シネアスト許泳の「昭和」』(凱風社)『戦後補償から考える日本とアジア』(山川図書出版)『日本軍の捕虜政策』(青木書店)、『キムはなぜ裁かれたのか』(朝日新聞出版)など。

桜井 泉 氏
【略歴】
朝日新聞国際編集部記者。学習院大学修士課程(政治学)修了、1984年朝日新聞入社。1980年、大学生のとき、死刑判決を受けた金大中氏を救出するための市民運動に参加し、韓国に関心を持つ。1991年に1年間、ソウル・新村で下宿をして韓国語を学ぶ。1997年~99年、ハノイ支局長。これまでに在日コリアンをめぐる問題や日韓関係、韓国大統領選挙などを取材。趣味は韓国旅行で全国各地を踏破。韓国歌謡のレパートリーは50曲以上ある。

カン・ジェギュ 氏
【略歴】
韓国の映画監督・映画プロデューサー・脚本家。1995年『銀杏のベッド』で、大鐘賞映画祭、青龍映画祭、シネ21映画賞の新人監督賞を受賞、“映画を最も映画らしくするスタイリスト”の称号を得る。韓国型ブロックバスター映画の祖として、1999年『シュリ』では百想芸術大賞・監督賞、大鐘賞映画祭・企画賞、青龍映画祭・監督賞/最高興行賞を受賞、アジア各国で“シュリ・シンドローム”を巻き起こし、韓国映画の新たな可能性を広げた。2004年『ブラザーフッド』は1174万人の観客を動員し、当時の韓国歴代映画動員人数を塗り替えたことでも有名。

李鳳宇 氏
【略歴】
株式会社SUMOMO代表。1984年にパリに留学。1993年の初プロデュース作『月はどっちに出ている』は、在日の主人公たちのリアルな姿を描いた刺激的な作品として話題をよび、内外の50以上の映画賞を受賞。 1990年代半ば以降の『風の丘を越えて-西便制』『シュリ』『JSA』などの紹介・配給では、韓流ブームの火付け役ともなった。2005年『パッチギ!』でキネマ旬報ベスト・テン第1位、2007年『フラガール』で日本アカデミー賞 最優秀作品賞を受賞した。近年作に2012年『EDEN』がある。
対象者 本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料
内容 異文化理解における映画の役割というテーマで、国家が主体ではなく、普通の市民たちの目で戦争の意味を考えられる作品を選定し、シンポジウムを進める。

《司会》
イ・ヒャンジン(異文化コミュニケーション学部教授)

1)オープニング挨拶 10:00~10:20 (キム・ハクジュン)

2)映画上映10:30~12:00
「兵隊さん」(バン・ハンジュン監督、1944年)

3)コメントと討論(12:10~13:00)
内海愛子×桜井泉

4)映画上映(14:00~16:20)
「マイウェイ」(カン・ジェギュ監督、2011年)

5)監督のトークと対談(16:40~17:30)
カン・ジェギュ× 李鳳宇

6)総括討論(17:30~18:30)
内海愛子、カン・ジェギュ、李鳳宇、桜井泉、南相九(東北亜歴史財団)
李香鎮、マーク・カプリオ、高美哿(立教大学異文化コミュニケーション)
主催 異文化コミュニケーション学部、東北亜歴史財団
【後援】
東映、 韓国映像資料院、 在日韓国大使館韓国文化院、在日韓国人歴史資料館
問合せ先 学部事務4課(異文化コミュニケーション学部担当) TEL:03-3985-4824

イベント・講演会一覧へ

イベント・講演会検索

月別一覧

連続公開講座・セミナー

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.