イベント・講演会

社会デザイン研究所、21世紀社会デザイン研究学会主催
シリーズ 3.11以後の日本と社会デザイン
第3回 東日本大震災と防災教育の今後

東日本大震災では防災教育のあり方が大きく問われた。生徒・児童全員が無事に避難できた学校もあれば、逆に避難に失敗し、多大な犠牲を出した学校も出た。そこで今回は、災害多発時代を迎える中で、防災教育の今後のあり方を、防災教育の現状と東日本大震災において防災教育がどう役立ったかの報告をもとに掘り下げていくこととしたい。

日時 2011年10月15日(土)10:30~17:30、16日(日)10:00~15:00
場所 池袋キャンパス【15日】マキムホール(15号館)3階 M301教室、【16日】タッカーホール
対象者 21世紀社会デザイン研究科学生、本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料
内容 【15日(土)10:30~17:30、マキムホール(15号館)3階 M301教室】
防災教育の実践事例発表(防災教育チャレンジ)
《講師》
林 春男 氏(京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授)
中村 陽一(21世紀社会デザイン研究科教授・研究科委員長、法学部教授)
《防災教育実践事例の発表者》
1)神奈川県立高津養護学校、2)千葉県立東金特別支援学校、3) 新潟県糸魚川市立根知小学校、4)岩手県釜石市立釜石東中学校、5)宮城県南三陸町立歌津中学校、6)秋田県大館市立第二中学校、7)宮城県立大河原町立金ヶ瀬中学校、8)愛知県立半田商業高等学校、9)千葉県立姉ケ崎高等学校、10)北海道滝川高等学校、11)新潟県立柏崎工業高等学校、12)東京都立田無工業高等学校、13)奈良県高塚台2丁目自治会、14)「やさしい日本語」有志の会、15)みえ防災コーディネーター、16)茅ヶ崎トラストチーム、17)八女市上陽防火委員会

【16日(日)10:00~15:00、タッカーホール】
防災教育交流フォーラム
テーマ「東日本大震災において防災教育がどう役立ったのか」

《講師》
北山 晴一(立教大学名誉教授、21世紀社会デザイン研究学会会長)
林 春男 氏(京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授)
《被災地からの報告者》
1)岩手県釜石市立釜石東中学校、2)宮城県南三陸町立歌津中学校、3)宮城県気仙沼市危機管理課、4)NPO法人冒険あそび場~仙台ネットワーク、5)あそび ma.senka、6)ぼうさい甲子園受賞団体、7)ぼうさい探検隊マップコンクール優秀団体
共催 防災教育チャレンジプラン実行委員会、内閣府
問合せ先 社会デザイン研究所気付 21世紀社会デザイン研究学会事務局
TEL:03-3985-4725
(月・木・金)12:30~20:30 (土)10:30~16:30

イベント・講演会一覧へ

イベント・講演会検索

月別一覧

連続公開講座・セミナー

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.