公開講演会「働きすぎ社会から身を守る!-長時間労働・パワハラの実態と対応-」

INFORMATION

  • 2018年11月20日(火)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 11号館2階 A201教室

近年、働きすぎやパワーハラスメント等の労働問題によって多くの方の尊い命や心身の健康が損なわれ、深刻な社会問題になっています。本講演会は、厚生労働省の「労働問題・労働条件に関する啓発授業」~学校への講師派遣支援事業~により開催され、過労死等の労働問題や労働条件の改善等について理解を深めてもらうよう、労働問題に関する有識者および過労死のご遺族や被害者を学校に派遣し啓発を行います。過労死の実態や、過労死防止対策、労働条件に関する法規制を学び、本学学生や参加者が健康で充実した社会人生活を送れるようにすることを目的としています。

講師

東京駿河台法律事務所・弁護士、過労死弁護団全国連絡会議所属
玉木 一成 氏

1985年弁護士登録、1995年東京駿河台法律事務所設立に参画、過労死弁護団全国連絡会議所属、2015年12月に和解が成立した「ワタミ過労自殺訴訟」における原告側代理人を務める。

東京過労死を考える家族の会
木谷 晋輔 氏

東京過労死を考える家族の会所属。IT企業勤務時の自身の体験に基づき過労死等の労働問題や労働条件について講演等の啓発活動を行っている。

詳細情報

名称

公開講演会「働きすぎ社会から身を守る!-長時間労働・パワハラの実態と対応-」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

人権・ハラスメント対策センター

後援

キャリアセンター

お問い合わせ

人権・ハラスメント対策センター

イベントレポート