立憲デモクラシー講座──安全保障のジレンマと憲法──

INFORMATION

  • 2018年3月2日(金)18:20~20:30
  • 池袋キャンパス 5号館1階 5121教室

グローバル化時代の市民生活と政治のありかたをめぐって、立憲主義とデモクラシーが根本から問われています。変わりゆく時代に、この社会は何を原則として何を目指したらいいのでしょう。そのためにどのような仕組みが必要なのでしょう。その基本的課題に、現代日本の喫緊のテーマをとりあげて、メディア論・政治学・ジェンダー論などの諸観点から総合的にアプローチする連続講座の一環です。今回は国際政治学の観点から「安全保障のジレンマと憲法」について考えます。

講師

東京大学総合文化研究科教授
石田 淳 氏

1985年東京大学法学部卒業、1987年同大学院法学政治学研究科修士課程修了、1987年シカゴ大学政治学部よりPh.D.(Political Science)を取得。東京都立大学助教授、教授を経て2005より現職。日本国際政治学会、国際法学会、日本平和学会などの理事を務め、現在、日本国際政治学会理事長。主著に『国際政治学』(有斐閣、2013年)、『国際政治講座』(東京大学出版会、2004年-)、『日本の国際政治学(2)国境なき国際政治』(有斐閣、2009年)*いずれも共編著、訳書にマイケル・ウォルツァー編『グローバルな市民社会に向かって』(日本経済評論社、2001年)がある。

司会

文学研究科比較文明学専攻特任教授
西谷 修

詳細情報

名称

立憲デモクラシー講座──安全保障のジレンマと憲法──

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

文学研究科比較文明学専攻

お問い合わせ

学部事務1課(比較文明学専攻担当)

イベントレポート