カリキュラム(全体)

高い専門性と幅広い教養が身につくカリキュラム

経済学部のカリキュラムでは、基礎科目を土台として、専門科目では理論、歴史、国際・政策、会計・金融などの諸問題について、より体系的に学ぶことができます。経済学部は、経済社会の現実を的確に分析する素養をもち、語学・情報処理の能力を備えた、教養豊かな人間育成をめざしています。そのために、学部教育の要としてのゼミナール教育を重視しています。経済学部は学科間の垣根が低く、ゼミナールについても他学科のものが履修可能です。ゼミナールでは講義から得た知識をいかし、討論を通じて批判的な探究心、問題発見の力を養います。また、論文・レポートを作成し成果を報告するスキルも磨きます。2013年度からは新たな試みとして、キャリア設計をテーマとした講座を設置するなど、経済学部のカリキュラムは日々進化し続けています。

ページトップへ