講演会等のお知らせ

経済研究所主催国際シンポジウム「有機食品市場の展開と消費者 −EUと日本の動向から− 」

有機食品市場が成長したヨーロッパ諸国では、消費者行動研究によって有機食品の購買者層の特性や購買動機などが明らかにされつつある。本シンポジウムでは、それらの研究成果について基調講演をいただく。また、あわせて日本市場の特性や需要拡大の可能性について検討するため、日本国内の研究者を交えて個別報告とパネルディスカッションを行う。

日時 2015年 9月 9日(水) 10:00 ~ 17:00
場所 池袋キャンパス 太刀川記念館 3階 多目的ホール
講師
  • ウーリッヒ・ハム 氏(ドイツ・カッセル大学教授)
  • ブルクハード・シェア 氏(ドイツ・Ecozept共同代表者)
  • 谷口 葉子 氏(宮城大学 助教)
  • 酒井 徹 氏(秋田県立大学 准教授)
  • 鷹取 泰子 氏(一般財団法人農政調査委員会 専門調査員)
主催 立教大学経済研究所,日本有機農業学会
対象者 本学学生・教職員・学会員・一般
担当者 大山 利男(経済学部 准教授)
お問い合わせ 同上または経済研究所(03-3985-4121 rie@rikkyo.ac.jp)

講師プロフィール

ウーリッヒ・ハム(Ulrich Hamm)氏

ドイツ・カッセル大学 有機農業科学部 教授。農産物・食品マーケティング学科長。
2008年から2011年まで、国際有機農業学会(ISOFAR)理事を務めるほか、EU共同研究プロジェクトCERTCOST、Organic Data Network等の中心的役割を担う。

ブルクハード・シェア(Burkhard Schaer)氏

ドイツ・Ecozept GbR 共同代表者。農学博士。
ミュンヘン工科大学で5年間の教職を務めた後、2000年にフランスとドイツを拠点とするコンサルティング会社Ecozept GbRを設立。市場調査、サプライチェーン、マーケティング戦略を担当。EU共同研究プロジェクトIMPACT、SUS-CHAIN、Organic Data Network等に参画。

谷口 葉子 氏

神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了(博士 農学)、米国メリーランド大学カレッジパーク校大学院 政策科学研究科修士課程修了。2007年より現職。

おもな業績に、Taniguchi, Yoko (2014). The Level of Trust and the Consumer Attitude toward Organic Vegetables: Comparison between Japanese and German Consumers, Proceedings of the 4th ISOFAR Scientific Conference, Istanbul. 谷口葉子(2013)「有機農業政策の意義と課題:ボランタリー・アプローチとしての側面から」『微生物応用技術研究所研究報告集』16巻pp.21-53、環境科学総合研究所、など。

酒井 徹 氏

北海道大学大学院農学研究科博士課程単位取得退学(博士 農学)、同大学院修士課程修了。社団法人北海道地域農業研究所 専任研究院、札幌大学非常勤講師、酪農学園大学非常勤講師を経て、2007年より現職。

おもな業績に、酒井 徹(2009)「専門流通業者の展開動向と課題」『農業と経済』2009年4月、pp.160-168、など。

鷹取 泰子 氏

東京都立大学大学院 博士課程修了(博士 理学)。埼玉大学非常勤講師などを経て、2009年より現職、また2012年より首都大学東京都市環境科学研究科リサーチアシスタント。

おもな業績に、鷹取泰子(2012)「東京都練馬区西大泉地区における都市農業の多機能性システム」 山本正三・田林 明・菊地俊夫編著『小農複合経営の地域的展開』 二宮書店、など。

ページトップへ