講演会等のお知らせ

公開研究会「福祉国家は持続可能か? どのような危機か?」

日時 5月30日(水)午後6時~9時
場所 立教大学池袋キャンパス12号館第3・4会議室
内容 福祉国家の持続可能性に疑問が投げかけられている。現在の福祉国家はどのような危機に直面しているのか?それは過去に指摘された「福祉国家の危機」と異なる新しい質を有するものなのだろうか?どの福祉国家も同じ経路を辿ることになるのであろうか?税を主たる財源として築いてきたデンマークなど北欧福祉国家の危機は深刻なものなのだろうか?福祉国家が持続可能な条件は何であろうか?この点について、デンマークの社会政策・福祉国家研究の第一人者であるベント・グリーヴ教授を招き、報告と討論を行う。
使用言語 英語 報告[英語]、討論[通訳]
対象者 研究者(大学教員、大学院生、研究所研究員)
事前申込 要 名前、所属機関、職名(日本語および英語表記)を経済研究所
morimoto_m@rikkyo.ac.jp宛にお送りください。
研究会終了後、自費による懇親会を開催します。ご参加される方はお申し込み下さい。
※お食事はご用意いたしません。各自ご用意下さい。研究会中に召し上がっていただいて構いません。

公開研究会「人口構造の変化と福祉国家-解決策はあるのか?」

日時 6月1日(金)午後6時~9時
場所 立教大学池袋キャンパス12号館地下第1・2会議室
内容 人口構造の高齢化と若年労働力人口の相対的減少は、日本およびヨーロッパの福祉国家が直面する課題である。ヨーロッパの人口構造の将来推計を参照しつつ、福祉国家にはどのような選択肢があるのか検討する。年金の支給開始年齢・引退年齢の引き上げなど既に語られている政策の他、新しい選択肢が考えられるのであろうか?また、各国福祉国家の差異が縮小・収斂し、北欧福祉国家モデルの特徴は失われていくのであろうか?この点について、デンマークの社会政策・福祉国家研究の第一人者であるベント・グリーヴ教授を招き、報告と討論を行う。
使用言語 英語 報告[英語]、討論[通訳]
対象者 研究者(大学教員、大学院生、研究所研究員)
事前申込 要 名前、所属機関、職名(日本語および英語表記)を経済研究所
morimoto_m@rikkyo.ac.jp宛にお送りください。
研究会終了後、自費による懇親会を開催します。ご参加される方はお申し込み下さい。
※お食事はご用意いたしません。各自ご用意下さい。研究会中に召し上がっていただいて構いません。

国際会議「啓蒙の世紀のフランス政治経済学:革命前における社会改革の書展望」
報告原稿配布のお知らせ

国際会議にご参加の皆様。

国際会議開催に先立ちまして、あらかじめ各報告者の用意しました原稿を配布いたします。
会議当日は、また改めまして製本いたしましたプロシーディングスを配布いたします。
製本いたしましたプロシーディングスは一冊の冊子としての体裁を整えるため、
行数や文字フォントの統一を可能な限り編集いたしましたので、
一部の論文ではかなり体裁が変わっておりますことをご了承ください。

どうぞご参考いただけますと幸いです。

日時 9月8日(土)・9月9日(日)
報告原稿
  1. 1.Antoin Murphy

  2. 2.Yoshie Kawade

  3. 3.Arnaud Orain

  4. 4.Yusuke Ando

  5. 5.Philippe Steiner

  6. 6.Christoph Salvat

  7. 7.Ryuzo Kuroki

  8. 8.Hiroshi Kitami

ページトップへ