ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

20150714rikkyo

表1 2014 年度活動内容2.研究会・シンポジウム開催概要以下では2014 年度に国際・政策部会プロジェクトにおいて開催した研究会及びシンポジウムについてその概要を報告する。第1 回研究会日付 2014 年5 月24 日会場 15 号館 マキムホール 10 階 第1・2 会議室報告 ▽松尾昌宏氏(桜美林大学リベラルアーツ学群教授)「コンテナ革命、内陸輸送インフラの整備と、グローバル製造業立地空間の再編」【報告内容】コンテナ物流革命と輸送インフラの整備が世界規模での製造業立地空間構造の再編に及ぼした影響について特に中国とインドシナ半島を中心とした分析を行った。また、製造業立地の「外延化」、内陸地域への展開が内陸後背地貨物の獲得を巡り、港湾間競争に与えた影響についての分析も実施した。NO 項目内容開催日2014年5月24日タイトルコンテナ革命、内陸輸送インフラの整備と、グローバル製造業立地空間の再編講師(所属) 松尾昌宏(桜美林大学)開催日2014年6月5日タイトル北欧モデルにおける高齢者介護のパラドックス-ニューパブリックマネジメントと専門職化がもたらした福祉国家体制における制度的破綻講師(所属) ハンナ・マレーネ・デール(デンマーク・ロスキレ大学社会グローバル学部教授)開催日2014年6月18日タイトルリーマンショック後における中小自動車部品サプライヤーの実態 ~全国アンケート調査結果から~講師(所属) 遠山恭司(立教大学)開催日2014年10月13日タイトルThe importance of the Scottish Independence referendum for English local government講師(所属) Chris Game氏(英国University of Birmingham, Institute of Local Government Studies)開催日2014年11月24日タイトル「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道 ― フランス農業開発研究国際協力センター(CIRAD)の研究者を迎えて ― 」講師(所属)Pierre-Marie BOSC(フランス農業開発研究国際協力センター)、Jean-MichelSourisseau氏(フランス農業開発研究国際協力センター)、関根佳恵(愛知学院大)開催日2014年12月26日タイトルロシアをめぐるエネルギー情勢と日本講師(所属) 中津孝司(大阪商業大学)64512362