ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

20150714rikkyo

大山氏)次はJean-Michel Sourisseau さん、お願いします。Jean-Michel Sourisseau 氏)私の報告は「A Future of Strategy from Sustainability of FamilyFarming」であり、特に途上国モデルを中心に分析した内容である。発展モデルとして従来は歴史的な発展が語られてきて、農業の近代化と発展がその中心であった。発展について多くの論文などをみても以下の6 つで要約される。1 つ目は、発展するためには国の経済を多様化し、第一次セクターに依拠した経済から構造的に多様化された経済に変わっていく必要がある。2 つ目と3 つ目をまとめていうと、農業の生産性を上げることで、農業に携わっていた人たちが農業から離れて都市に出てきて別の仕事をし始める必要がある。これを実現するためにはより大きい機械化が必要となり、そして専門家となった農民が必要となる。そしてその農民たちは市場とより直結して資本が重要しされるモデルが必要となる。食のシステムのアップストリーム及びダウンストリームにおいて企業化が必要である。以上が歴史的な経路であるが、これが存在するためにはいくつかの条件が必要である。まず1 つ目は、第3 次セクターにおける成長体制と雇用を支える力を与えられる長期的な強い需要が必要である。2 つ目は、人口の減少も必要である。ヨーロッパが農業の近代化をしたときに、すでに人口が減っていく時代への移行をしていた。3 つ目は、研究への公的支援に支えられた科学技術的な改善である。4 つ目は、生産的資産のコントロールに対する巨大な公的な介入である。5 つ目は、常に国内市場の保護とインセンティブをつけた価格政策である。最後は、公的な決定に際して農民組織の強い支援も一つの条件である。この結果、何が生じるのかをいうと、収入は増えるが、農業のない世界へ変化していく。このグラフには、富が増える国において農業が占めるGDP の割合がどんどん減っていく、そして雇用においても農業の分野で働く人数も減っていくことが示されている。このような現実の裏には農業をはっきりしたカテゴリーに分けて政策を行っている状況がある。2008 年に世界銀行が発表した報告書の中でもみられるように農民を3 つのカテゴリーに分けている。1 つ目は、既に発展し、組織化され、市場志向的、専門的であり、2 つ目は、潜在的に発展し、組織化され、市場志向的、専門的であり、特に、このグループが一番政策の対象になっている。3 つ目は、その他で、もう競争力のないとされ、かれらには2 つの選択肢がある。農業を辞めて都市で別の仕事を探すことと農業の分野以外のところで、例えば、観光や生物多様性、地域知識を通じて地域の発展に参加することである。実際は今まで述べたことより複雑である。まず、このストーリはまだ終わっていない。従来の発展経路の限界について論争するのはますます難しくなってくる現状がある。今まで行われてきた農業の近代化をみて誰もがわかるように環境上の限界と威嚇がどん12