経済研究所

経済学部の研究拠点として、
また産学連携教育の拠点として活動しています。

設立目的・活動

経済研究所は総合大学である本学の特色を生かし、経済に関する研究の伝統を発展させ、経済・経済政策・経営・会計の諸問題の研究に取組んで研究成果を共有し、もって持続可能な経済発展の実現に寄与することを目的として、2000年度に設立された。事業活動は、経済・経営・会計に関する調査・研究を主たるものとし、本学内外の機関・団体からの研究の受託やそれら機関との研究協力、さらには資料の保管・整備・講演会の開催、内外の研究者にたいする研究助成等を含むものとする。

イベント 2018年度

2月27日(水)

「市場主義」経済学のオルタナティブ 第5回
黒木 龍三(本学経済学部)
「チュルゴにおける資本と貨幣」

2月27日(水)

立教大学経済史・経営史ワークショップ 第5回
齊藤 豪大氏(久留米大学)
「18世紀スウェーデンにおける水産加工品の法規制と生産奨励
 :塩漬けニシンと魚油に関する施策に注目して」

3月1日(金)

EVシフトと生産・インフラ・ネットワークの再構築 第5回
1.田中 宏氏(立命館大学)
「EV化と中東欧の自動車産業の転換ーハンガリーからの展望ー」
2.竹原 美佳氏(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
「中国のエネルギー事情」

3月2日(土)

EVシフトと生産・インフラ・ネットワークの再構築 第6回
1.細矢 浩志氏(弘前大学)
「欧州自動車メーカーの電動化戦略と生産ネットワークの再編」
2.風間 信隆氏(明治大学)
「ドイツのEV革命と自動車産業ーVWグループを中心としてー」
3.蓮見 雄(本学経済学部)
「EUの気候変動エネルギー政策とクリーンモビリティー」

3月8日(金)

EVシフトと生産・インフラ・ネットワークの再構築 第7回
1.池本 修一氏(日本大学)
「チェコ日系自動車企業の投資戦略」(現地視察報告)
2.佐伯 靖雄氏(立命館大学)
「自動車電動化時代の企業経営:CASE領域での日独企業間の覇権競争」

3月9日(土)

公開講演会「第6回学術研究大会」
1.小西 一雄(立教大学・名誉)
「分裂するアメリカ資本主義ートランプ現象の経済的背景を考えるー」
2.山縣 宏之(経済学部教授)
「ラストベルトの産業構造高度化と製造業労働者ートランプ現象の経済的背景の考察ー」
3.北原 徹(立教大学・名誉)
「トランプ政権と適温経済」

研究プロジェクト

ワークショップ

研究所の開室案内

開室時間:月・水・金 9-17時
Tel 03-3985-4121
E-mail r-inst-e@rikkyo.ac.jp

運営委員会委員【 2018年度 】

所長 大友 敏明 経済学科教授
副所長 藤原 新 経済学科准教授
運営委員 佐藤 有史 経済学科教授
坂本 雅士 会計ファイナンス学科教授
厳 成男 経済政策学科教授
湊 照宏 経済学科教授
ページトップへ