経済学部からのお知らせ

新入生オリエンテーション企画『スタディサポートプログラム2016』実施報告

満開の桜が迎えてくれた4月2日、経済学部オリジナルの新入生オリエンテーション企画「スタディサポートプログラム2016」が開催されました。

当プログラムは、「①新入生が高校までの学び方と大学での学び方の違いを知り、大学での学びに期待と意欲を持つ、②新入生が、経済学部の先輩の姿を見て、自分の将来像のイメージを掴む、③新入生の緊張を和らげ、友達づくりのサポートをする」の3点を目的に、学部を代表する新2・3年生のスタッフがプログラムの企画から当日の運営までの全てを担うという、「学生主体」を大きく掲げた、全学の中でも特徴的な企画となっています。

4度目の開催となった今回、スタッフの学生には、昨年に引き続き「立教大学・経済学部を紹介するプレゼントムービー」の制作へ取り組んでもらいました。初回のスタッフミーティング後に懇親会を行った効果もあり、コンセプトや構成を決めるディスカッションは立ち上がりも早く、スタッフ全体での中間発表・相互フィードバックの際も、内容の濃い意見交換が重ねられていました。

最終的に完成したプレゼントムービーには、「大切なのは、自ら一歩踏み出す勇気」「これからの4年間はあなた次第」「あなた色の学生生活へ」など、学部の後輩の背中を押す、先輩からのあたたかなメッセージが揃いました。

新入生からは、「経済学部に入って何を学びたいのかを明確にしようと思えた」、「大学は今まで僕が想像していたよりも、もっと面白い場所だと感じた」、「大学生に対するイメージが変わり、これからの勉強が楽しみになった」という前向きなコメントが多く寄せられ、「目標へ向かって努力している先輩方の姿が本当に素敵だった」、「私も先輩たちのようになりたい」など、新入生へ具体的なロールモデルを示す場としても有意義な時間となりました。

チームで協働し、ひとつのことを成し遂げる大変さと心からの達成感を知ったスタッフのメンバーが、自信を持って、今後も様々な場所で活躍してくれることを願っています。そしてまた1年後、「あの時の先輩に追いつきたい」「今度は私が後輩の役に立ちたい」と言って、多くの現1年生がスタッフとして経済学部を盛り上げてくれることを期待しています。

報告:教育研究コーディネーター 小泉 苑美

【当日の様子】

ページトップへ