経済学部からのお知らせ

経済学部の渡辺ゼミ、北原ゼミ、池田ゼミが「証券ゼミナール大会」4つの優秀賞を獲得

昨年の12月11日(金)、12月12日(土)、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された平成27年度証券ゼミナール大会(主催:全日本証券 研究学生連盟)で、経済学部の渡辺茂ゼミ、池田毅ゼミ、北原徹ゼミが合計4つの優秀賞を獲得しました。

「証券ゼミナール大会」4つの優秀賞を獲得 「証券ゼミナール大会」4つの優秀賞を獲得

証券ゼミナール大会は、金融・証券を学んでいる大学のゼミの学生が、所定のテーマについて事前に論文を交換し、大会の場で討論するものです。

本年度は「日本において今後必要な金融リテラシーについて」、「日本の銀行・証券会社におけるリスクマネジメントの今後について」、「中小企業における資金調達について」、「金融のグローバル化について」、「日本における投資信託の現状と今後の課題」、「我が国の証券流通市場の活性化について」、「株主・企 業双方にとって望ましい株主還元のあり方について」の7つのテーマの下、34大学64団体583名の学生が参加し、テーマごとに16のブロックに分かれて討論が行われました。討論だけではなく、事前提出した論文、プレゼンテーションも採点基準として設けられ、ブロックごとに総合評価の高かったチームに優秀賞が授与されました。

渡辺ゼミは2つの優秀賞、池田ゼミ、北原ゼミは1つの優秀賞を受賞するなど、好成績を修めました。

高橋一佐さん(経済学部経済学科3年次、池田ゼミ・ゼミ長)のコメント

優秀賞を獲得できたことを、とても嬉しく思っています。

私たちが出場した「金融のグローバル化について」というテーマは、取りあげるトピックが非常に多岐に渡りました。そのため、どれだけチームで協力し合えるかが鍵になっていたと思います。

その点、私たちのチームはメンバーどうしで議論を繰り返し、大会に向けて結束力を強めていました。大会当日は苦しい場面もありましたが、それを乗り越えることができたのは、この結束力のおかげだと思います。優秀賞の獲得が決まった瞬間は、チームのメンバーや、ゼミのみんなと喜びを共有することができ、この上ない充実感が得られました。後輩たちは今年の経験を活かして、池田ゼミのチームワークをさらに強いものにしていってもらいたいです。

最後に、大会に向けて指導をしていただいた池田先生に、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました。

ページトップへ