経済学部からのお知らせ

立教大学経済学部、台湾国立東華大学主催 国際シンポジウム「東アジア資本主義の矛盾-その解決にむけて」

20世紀は日米欧による三極化時代と呼ばれていた。それが21世紀前半はアメリカ、中国の2強時代になると予想されている。日本を含むアジア地域は、21世紀において多様な姿で急速に発展し、世界の中で重要な地位を占めつつあるからだ。1970年代には世界経済の一角でしかなかったアジアは、2050年には世界のGDPの50%以上を占めると予想されている。さらに東アジア域内の経済的結びつきは、ヒト・モノ・カネ・情報の域内移動を中華圏内のみならず日本・韓国をも巻き込んだ形で急速に流動化させている。

その結果、経済・ビジネス関係を軸に日本とアジア諸国との連関性と相互依存関係は一層の深まりを見せ、人的、文化的交流の機会もますます高まっている。こうした状況にともなって、アジアの多様性と共通性を深く理解し、アジアと世界につながる総合的な想像力と洞察力が必要な時代になってきている。一方、アジアには多くの矛盾も存在している。急速に進む高齢化社会、日増しに悪化する環境問題、南沙諸島の領有をめぐる領土問題、日本とアジア諸国との歴史認識問題など光と影が共存している。

本シンポジウムは、こうしたアジアに内包する二面性を分析するとともに、アジア各国が共存共栄していくために解決すべき課題を解明することを目的とする。それこそアジアが世界からも信頼される21世紀を迎えることになると考える。

日時 2015年7月11日(土)13:00~17:00
2015年7月12日(日)10:00~16:50
会場 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館 3階多目的ホール【アクセス
使用言語 日本語・中国語(報告・討論とも同時通訳付)、配布資料は主として英語
共催 立教大学経済研究所、立教大学グローバル都市研究所
お申込み 不要
お問合せ先 経済研究所
TEL:03-3985-4121 rie@rikkyo.ac.jp
詳細 チラシ(PDF)をご覧ください。

7月11日(土)13:00~17:00

開会の辞 13:00~13:10
須永徳武(立教大学経済学部長)
セッション(1) オープニング:次世代の経済を設計する(13:10~14:05)
陳東升(国立台湾大学社会学部優秀教授)
Alternative Economy in Taiwan
郭洋春(立教大学経済学部教授)
Peace Economics of De-Risk Society
セッション(2) 産業構造・企業からみるアジア(14:35~15:30)
石井優子(立教大学経済学部兼任講師)
Changes in the Industrial Structure and Interregional Inequality in Thailand
周素卿(国立台湾大学地理環境資源学部教授、国立台湾大学理学院副院長)
Social Innovation and Local Development in Taiwan: Reframing the University Social Responsibility
休憩 15:30~15:50(20分)
全体討論 15:50~16:50(60分)
レセプション 17:30~19:30

7月12日(日)10:00~16:50

セッション(3) マネーの移動、ヒトの移動からみるアジア(10:00~10.:55)
星野智樹(立教大学経済学部助教)
Balance of Payments Issues in Modern East Asia
田畠真弓(国立東華大学社会学部副教授)
Globalization and Chinese Tourist Boom in Rural Taiwan: The Prospect for Solidarity and Social Innovation
セッション(4) 現代アジアの経済事情(11:00~11:50)
林宗弘(中央研究院社会学研究所副研究員)
Small-medium Enterprises (SMEs) Withering Away: Taiwan's Industrial Transformation under China Impacts
張紀潯(城西大学経営学部教授、立教大学経済学部兼任講師)
One Belt, One Road Open Strategy of China and its Influence on East Asian Economy
セッション(5) 東アジア資本主義をめぐる問題(12:55~14:10)
謝斐宇(中央研究院社会学研究所助研究員)
Governing Decentralized Economy: Taiwan's Industrial Transformation Reconsidered
鄭力軒(国立政治大学社会学部副教授)
Examining the relationship between East Asian capitalism and population crisis.
櫻井公人(立教大学経済学部教授)
’Déjà vu or Nightmare?’ and ’U.S. factor or China one’? : Measuring the Impact on East Asian Capitalism in the 21st Century.
休憩 14:10~14:30(20分)
全体討論 14:30~15:30(60分)
休憩 15:30~15:40(10分)
全体討論 15:40~16:40(60分)
閉会の辞 16:40~16:50
ページトップへ