経済学部からのお知らせ

経済学部2014年度正課外新プログラム
『フィリピン・グローバルコミュニケーション・インターンシップ』ガイダンス開催のお知らせ

今年度の夏より、経済学部主催プログラム「フィリピン・グローバルコミュニケーション・インターンシップ」がスタートします。メールでもご案内させていただいた通り、申込者対象のガイダンスを下記の日程で開催いたしますので、希望者は必ず参加するようお願いします。

当プログラムは、夏季休暇を利用し、フィリピン・ターラック市で2週間の語学研修と2週間のホームステイ・インターンシップ体験をベースに、現地の学生・子供たちとの交流やボランティア活動などを含む、バラエティ豊かな充実の内容となっております。

「海外での経験を積みたい」「何か新しいことに挑戦してみたい」「異文化の中に飛び込み、視野を広げたい」「英語を使って海外の人々とコミュニケーションを取りたい」など、日常と異なる世界で自分を試してみたい!という方に、是非参加していただきたいと思っています。

皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

 世界へ飛び出せ!その一歩が、新しい自分の可能性を切り拓く。
『フィリピン・グローバルコミュニケーション・インターンシップ』ガイダンス開催のご案内

ガイダンスについて【※申込者は参加必須】

日程・会場 2014年4月17日(木)18:30~19:30 10号館 X103教室
担当教員 池上岳彦
内容 プログラム詳細説明、提出資料の配布

2014年度の募集について

募集対象者 経済学部1~4年生 ※語学力は問いません。
募集人数 10~20名程度(予定)
実施時期 2014年8月2日~8月30日(夏季休暇中の4週間)
渡航先 フィリピン共和国・ターラック市
(ターラック市は、首都マニラから北へ約120kmにある、教育施設が多く集まる都市です。)
主なプログラム内容 基本的に、語学学校での英語研修2週間+ホームステイ・インターンシップ2週間の構成となります。
①Man to Man Boarding School INC.(MMBS)にて、マンツーマンの英語語学研修
②現地ロータリークラブのご家庭でホームステイ体験
 (英語での日常会話に挑戦できる場であり、現地の人々の暮らしをそのまま体験する場でもあります。)
③現地企業でのインターンシップ体験

 ・・・その他、ボランティア活動や現地の学生と触れ合えるチャンスもご用意!

魅力のポイント
  1. ①語学研修は個人のレベルに合わせてカスタマイズが可能なマンツーマン体制!
     英語が得意でない方も、安心してご参加いただけます。
    ②語学研修・ホームステイ・インターンシップ・ボランティアと、4週間の滞在期間中に幅広い経験を積むことのできる、バラエティ豊かな「異文化理解」のプログラムです。
    ③インターンシップ先や現地での活動内容は、参加者の希望に可能な限り対応します!
    ④比較的安価な料金で、たっぷりと海外文化を体感できます!

少しでも興味のある方、参加を迷っている方は、まずガイダンスへお越しください。
この夏、ぜひ大きな一歩を踏み出しましょう!

お問合せはこちら
  1. 立教大学経済学部 キャリア教育事務室
    教育研究コーディネーター 小泉苑美
    eco-career@rikkyo.ac.jp
ページトップへ