経済学部からのお知らせ

2014年度・経済学部「スタディサポートプログラム」の開催

2014年4月2日、新入生オリエンテーション企画「スタディサポートプログラム」が開催されました。経済学部オリジナルの同企画は、昨年度にスタートを切った新しい試みですが、今年度も新入生から高い満足度を得て、幕を閉じました。

当プログラムは、「(1)新入生が高校までの学び方と大学での学び方の違いを知り、大学での学びに期待と意欲を持つ、(2)新入生が、経済学部の先輩の姿を見て、自分の将来像のイメージを掴む、(3)新入生の緊張を和らげ、友達づくりのサポートをする」の3点を目的に、学部の新2・3年生が新入生約700名を歓迎し、最初から最後までプログラムの運営を担うという、上級生の成長の場としても大きな役割を果たす内容となっています。

当日は新入生を約100名ごとに分け、7教室で展開されますが、今年度は担当チームごとのカラーを出すため、歓迎の言葉や経済学の説明部分の自由度を上げ、各チームで「自分が新入生だったらどんな話を先輩から聞きたいか」「どんな言葉をかけてもらったら嬉しいか」、また「どうしたら経済学を面白いと感じてもらえるか、分かりやすく伝えられるか」を話し合い、プレゼンテーションをしてもらいました。

12月から始めた全6回のミーティングと練習、前日のリハーサルを通し、試行錯誤の中、チームの仲間との協働を通して得られた達成感や感動を胸に、今後も彼ら・彼女らが幅広く活躍してくれることを学部として期待しています。

また、新入生の皆さんも、まずは興味を持てることから「一歩踏み出してみる」体験を積み重ね、卒業の日に「ものすごく充実した学生生活だった」と言えるような大学生活が過ごせるよう、このプログラムでの体験を生かしていただきたいと思います。

報告:経済学部・教育研究コーディネーター 小泉 苑美

司会進行は全て学生スタッフのみで行われる

まずはメンバーの親交を深めるべく自己紹介

グループワークに真剣に取り組む新入生たち

プログラムを通じて経済学部での学びを体感

ページトップへ