経済学部からのお知らせ

サマーチャレンジワークショップ 2013 参加者募集!

近づけ。「日本のチカラ」になる、未来の君へ

2013年の夏、立教大学経済学部より新たなプログラムが発進します。
────その名も、「サマーチャレンジワークショップ」。
近い将来、あなたも一人の社会人として、より良い明日のために働く日がやってきます。

このプログラムは、仕事を疑似体験できるリアルケーススタディへチャレンジすることで「企業で働く」ことへの理解を深め、未来の自分のイメージを描き、その背中へ近づくためのスキルや知識を身に付けることを目指して開講されます。

「働く」とはどういうことか。「社会の、日本のチカラになる」には何が必要か。
この夏、大きな一歩を踏み出そうとする君へ。思いっ切り成長したいと願う君へ。挑戦、心よりお待ちしています。

日程 【1日目】 8月 5日(月)
【2日目】 8月 6日(火)
【3日目】 8月 7日(水)
【4日目】 8月 8日(木)
【5日目】 8月 9日(金)
※各日9:00~17:00 予定
参加費 無料
参加対象 立教大学経済学部 1年生、2年生、3年生 
※先着順(定員50名に達し次第、申込をお断りする場合がございます)
参加条件 連続講座であるため、全5日間の日程に必ず参加できること。 
※申込み後のキャンセルは、原則としてお断りしております。
申込締切 2013年7月12日(金)17:00
プログラム内容
  • 1日目 基礎講座 (協力企業:リンクアンド モチベーション)

    人材育成・採用コンサルティングのプロの指導により、以下の3つの習得を目指します。
    1. ヒューマンスキル
    2. ロジカルシンキング
    3. 業界や仕事の見方
  • 2日目 実践演習(1) (協力企業:協力企業A)
    3日目 実践演習(2) (協力企業:協力企業B)
    4日目 実践演習(3) (協力企業:協力企業C)

    3日間、異なる業界の企業へ実際に足を運び、各業界が対面するリアルな課題へ、参加型グループワークを通して挑戦します。
    基礎講座で学んだスキルを早速発揮し、仲間と意見を交わしながら自分たちなりの答えを導き出すプロセスを通じて、「働く」とはどういうことなのかを体験し、理解します。

    また、皆さんの提案に対して企業からのフィードバックをもらうことで、より深く業界の特性について学び・考えることができます。更に、働く社員の姿を間近に見ることができる貴重なチャンスでもあります。
  • 5日目 まとめ (協力企業:リンクアンド モチベーション)

    これまでの学びを一度きちんと整理し、スキルを定着化させます。
    また、メンバーで互いにアドバイスを交換し、客観的に自らの強みや弱みを発見します。
申込み方法

氏名(漢字・フリガナ)・所属学科・学年・携帯電話番号・PCからの受信が可能なメールアドレスを、下記の申込み・問合せ先へご連絡ください。

メールの件名は「サマーチャレンジワークショップ参加希望」としてください。

※50名の定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。
※集合時間や協力企業の詳細、服装等につきましては、応募者宛に後日メールでお知らせいたします。

申込み・
問い合わせ先

立教大学経済学部キャリア教育事務室 
担当:小泉(キャリアサポーター) eco-career@rikkyo.ac.jp

ページトップへ