極小の素粒子から極大の宇宙まで

お知らせ バックナンバー

[2018.11.09]
助教B(広い意味での原子分子物理学)の公募(12月10日締切)。詳細はこちら
[2018.11.08]
下記の通りセミナーが開催されます。学部生・大学院生の方も是非ご参加下さい。
 講演者:Professor Bernard Carr
    (Queen Mary University of London)
 題目 :Primordial Black Holes and the Legacy of Stephen Hawking
 日時 :11月13日(火)16:40 -
 場所 :4号館4412教室
講演者はStephen Hawking博士の研究室で博士号を取得された方で,その思い出なども話されるそうです。
ポスター
[2018.10.25]
小林努准教授が第33回西宮湯川記念賞を受賞しました。この賞は理論物理学における研究を奨励するため,40歳未満の若手研究者による顕著な業績に対して授与されるものです。 [大学HP][西宮湯川記念賞][第33回西宮湯川記念賞受賞者
[2018.9.26]
2018年度秋学期コーヒーアワースケジュール
[2018.7.27]
助教B(理論物理学における宇宙物理学分野)の公募(9月21日締切)。詳細はこちら
[2018.7.20]
下記の通り医学物理セミナーを開催いたします。[ポスター
 タイトル:『原子レベルでみる細胞内の放射線損傷 〜水分子の役割を探る新たな試み〜』
 講演者:土田秀次 准教授(京都大学工学研究科 附属量子理工学教育研究センター)
 日時:8月8日(水)15:00〜16:00
 場所:4号館別棟 4151教室
 対象:理学部学部生・大学院生・教員
[2018.7.5]
修士論文中間報告会を下記の通り行います。学部生の皆さんの参加も歓迎します。
日時:7月5日(木)17時〜19時
場所:12号館地下1階 第1・第2会議室
[2018.6.19]
亀田真吾教授と亀田研の学生が開発をした「はやぶさ2」の光学航法カメラONC-Tが目的地である小惑星に近づき,「リュウグウ」の形状を明らかにしました。もう少しで到着です!
240-330 kmから見たリュウグウ(JAXA)]
700 kmから見たリュウグウの自転のようす(JAXA)]
[2018.5.17]
元理学部ポストドクトラルフェローの長 勇一郎さん,亀田真吾教授と亀田研の大学院生(堀内美沙さん,芝崎和夫さん)が Applied Spectroscopy 誌に発表した論文が,2017年のEditors' Choiceに選ばれました。
Editors' Choice][発表論文
[2018.4.20]
福原哲哉助教,田口真教授と田口研究室の学生(山田武尊さん,林谷茜さん,高村真央さん)が Earth Planets and Space誌に発表した論文が,2017年 Highlighted Papers に選ばれました。
Highlighted Papers][発表論文
[2018.4.20]
先端科学計測研究センターの武井大研究員が参加する国際共同研究グループが,X線自由電子レーザー施設「SACLA」を用いて金属薄膜試料表面に針状微細構造の形成に成功し,その形成過程を明らかにしました。
理化学研究所プレスリリース][発表論文(Applied Physics Letters)
[2018.4.4]
2018年度春学期コーヒーアワースケジュール
[2018.4.2]
物理学科新入生談話会を実施します。新入生だけでなく在学生の参加も歓迎します。談話会終了後に懇親会も行います。[ポスター
 講演者:中野祐司(物理学科准教授)
 題目:宇宙に何が在るのか?
    −原子分子スケールで探る宇宙の物質進化−
 日時:4月9日(月)12:00 - 13:00
 場所:太刀川記念館3階多目的ホール
[2018.3.2]
亀田研究室が開発を担当した「はやぶさ2」の光学航法カメラONC-Tが,目的地である小惑星「リュウグウ」の撮影に成功しました。
JAXAトピックス][毎日新聞の紹介記事(2015年1月)]
[2018.2.20]
物理学専攻修士論文優秀発表賞が以下の通り決まりました。
 最優秀賞:赤間進吾さん
 優秀賞 :彌永亜矢さん,高村真央さん
表彰は修了式において行われる予定です。おめでとうございます。
[2018.2.8]
英国物理学会が出版するClassical and Qunatum Gravity 誌に掲載された原田知広教授らによる論文が,「Highlights of 2017」(Numerical Relativity 部門)に選ばれました。
Highlights of 2017][当該論文
[2018.2.7]
医学物理学副専攻ホームページを公開しました。
[2018.1.28]
下記の通り2017年度修士論文発表会を行います。学部生の参加も歓迎します。
 日時:2月19日(月)・20日(火)10:00 -
 場所:8号館2階 8201教室
 [プログラム
[2018.1.28]
下記の通り2017年度卒業研究発表会を行います。卒研生は2日とも全員参加のこと。卒研生以外の参加も歓迎します。
 日時:2月2日(金)・3日(土)10:00 -
 場所:マキムホール地下一階 MB01教室
 [プログラム
[2017.12.8]
亀田真吾准教授と亀田研究室の学生を中心とする研究チームは,超小型深宇宙探査機「PROCYON」に搭載された宇宙望遠鏡「LAICA」を用いて地球水素コロナの広域撮像に世界で初めて成功しました。
大学HP][朝日新聞][毎日新聞][日刊工業新聞][論文
[2017.10.26]
中野祐司准教授が第12回日本物理学会若手奨励賞を受賞しました。
大学HP][日本物理学会
[2017.9.29]
2017年度卒業研究中間発表会を下記の通り行います。卒研生以外の皆さんの参加も歓迎します。
  日時:10月5日16:00 - 18:00
  場所:13号館3階廊下(ポスター形式)
[2017.9.29]
2017年度秋学期コーヒーアワースケジュール。  
[2017.9.5]
小林努准教授著「相対性理論」が日本評論社より出版されました。  
[2017.7.13]
物理学科では助教1名 (高エネルギー天文学分野) を募集しております。[締切:9月13日必着]
公募要項]  
[2017.7.13]
栗田和好教授,栗田研究室の大学院生4名,榎園昭智先端科計研客員研究員(元物理学科助教),戸ケ崎衛先端科計研研究員(物理学科卒業生)が参加している共同研究グループが,原子核の電子散乱実験により陽子分布を決めることに成功し,その成果がPhysical Review Letters誌に掲載されました。
解説][プレスリリース][論文]  
[2017.6.27]
2017年7月4日〜7日に太刀川記念ホールで国際会議 Variable Galactic Gamma-Ray Sources IV (立教大学理学部共催)を開催します。 銀河系ガンマ線変動天体を研究する研究者が一堂に会し、最新の研究成果について議論します。 HPはこちらです。 なお本国際会議は立教大学SFR国際会議助成による支援を受けています。  
[2017.6.27]
2017年物理学科研究案内を載せました。。  
[2017.4.14]
2017年度春学期コーヒーアワーの日程表を更新しました。  

Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)