ローマ・カトリック教会と聖公会における日本語聖歌集の歴史的変遷

キリスト教学科 近藤 望 さん

 カトリック教会と聖公会は、礼拝は形式的に似通っている点が多くあるのに対し、聖歌には大きな相違があります。以前からそこに関心を持っていたことが、テーマを選ぶきっかけになりました。
カトリック教会と聖公会で現在使われている聖歌集が、どのような意図で編集されたのかを比較することで、歴史的変遷を明らかにしようとしました。
 卒論を書いてよかったことは、興味を持っていた分野の研究に集中して取り組めたこと。テーマに沿って章立てを考えたり、結論を導き出したりするため、論理的に文章を組み立てるのは難しかったですが、疑問の一部が明らかになり、大学で何を専門的に学んだのかを自分の中で明確に持つことができました。資料の読み方や分析の仕方なども学べましたね。
 皆さんへのアドバイスとしては、何事も早め早めに、ということ。私は資料集めには時間がかかって苦労しました。書けるところからどんどん書いていき、一通り書いた段階で読み返して論を組み立て直すと進めやすいと思います。