トップ » 学部情報 / カリキュラムの仕組み

カリキュラムの仕組み


 「立教ファーストタームプログラム」では、専任教員による幅広い授業や議論を重ねて、学びの精神や技法を養います。「多彩な学び」はリベラルアーツ教育の主軸となる科目群で、多様かつ今日的なテーマを扱う科目から構成されています。「多様な言語」は、英語と初習2言語が必修です。「グローバル教養副専攻」は、10学部の各分野を有機的に接合した専攻で、文学部の専門性に加えて、横断的な知を修得します。「基幹科目」では、文学部学生として必須の視点や考え方を学びます。各学科・専修講義は、学科・専修の枠を超えた広い学びを可能とします。各学科・専修指定科目では専門領域を深く学びます。卒業論文・制作は4年間の学びの集大成です。

文学部カリキュラム

↑図をクリックいただけると、拡大画像をご覧いただけます。

»» 立教大学全学共通科目のページへ 

このページのトップへ