事業内容

事業目的

本事業では、ストレスについて生命科学的研究と心理学的基礎研究の融合研究を行う。本事業で目標とするのは、ストレスについての融合研究を核として、生き物とこころの「健やかさと多様性」について包摂的研究を行い、生物・人間理解と生活機能改善に関する新たな見解を公表することである。本学(理学部と現代心理学部)と医療機関や製薬会社、地域支援団体などの外部関係機関を中心とした外部有識者との広範な協働のもとに研究を推進し、個と社会に拓かれたリベラルアーツ教育を行う立教大学のブランドを強化する端緒としつつ、その成果を広く社会に還元することを目的とする。

グローバル化が進む現代社会では、めまぐるしく社会の在り方が変動し、その中で個の在り様が問われている。このような激動する社会情勢の中では、軋轢・摩擦・葛藤などが生じ、生物学的・社会的脆弱性を有する個体(個人)の安定的な存立が脅かされる。うつの増加に代表されるメンタルヘルス問題は、その典型例と考えられる。そして、この種のストレス下で発現するメンタルヘルス問題は、解決を要する喫緊の社会問題である。特に増加が著しいうつなどの気分障害と認知症のような精神障害の増悪には、ストレスが強く関わっていることが指摘されている。立教大学理学部では、多数の研究者が「酸化ストレス」「リボソームストレス」「低酸素ストレス」「ストレスによる炎症」といった細胞レベルのストレスを生命科学的手法で研究し、成果を蓄積している。一方現代心理学部では「うつ」「自閉症」「パーソナリティ障害」「加害者家族ストレス」「旅行によるストレス解消」などを対象として心理学的手法により研究を推進してきた。こうした両者の融合研究により生み出されるであろう、新たな介入技法やメンタルヘルスプログラムを、外部協力関係機関(医療機関・相談機関等)へ提案し、社会へ拓く「健やかさと多様性」に関する包摂的研究を行う。

本事業により期待される研究上の成果は、要約すれば、分子・細胞レベルでのメカニズムが個体の成立や機能を支え、個体(生物・人間)の機能が集積することにより総体として組織や社会の作用が相互補完されることの実証である。具体的な研究対象として、環境ストレスとメンタルヘルスを重点的に取り上げ、実証的な根拠を追究する方向性と社会的な還元をめざす方向性とを一体的に融合研究する。すなわちこの研究は、ストレスに関する生命科学的理解を実証的に深めるとともに、その介入技法の提案をするというものであり、本学が自学のブランドとして重視している「豊かな知性」と「折れない心」の育成を、科学的研究の側面から追究し補完・補強するものである。

期待される研究成果

複雑化する物的・人的環境の下では、外部環境変化そのものが生物・人間にとってストレスとなり、分子・細胞レベルでの変化や心理・行動レベルでの変化となって現れる。ただ、適度なストレスを受け、これに適応することにより心身双方に望ましい変化をもたらすことも期待できる。臨床心理学のマインドフルネスや観光心理学のメンタルヘルスツーリズムという考え方は、この肯定的な側面を拡張し、日常生活経験の豊かさ・健やかさを享受できるようにする方向性をもつ。生命科学と心理学の融合研究は,これらの問題予防や健康増進を社会的還元にまで結びつけ、そのための実証的根拠を与えようとするものである。

本研究で期待される研究成果は、次の4つである。

(1)様々なストレス下の生化学的・生理学的変化に対する生命科学的解析(平成28-30年度)

・モデル生物、細胞等を用いたストレスのメカニズム解析など

(2)メンタルヘルス問題の発現過程における心理学的変化の測定技法の確立(平成28-29年度)

・ヒトの知覚や認知、態度・行動の変化をとらえる指標の同定など

(3)環境ストレス下の生化学的・生理学的・心理学的変化の相互影響モデルの作成(平成30-31年度) 

・ストレスの影響を説明し得るモデル構築など
・ストレスの肯定的影響を示す生活機能改善指標の同定など

(4)メンタルヘルス問題発現の予防と健康増進をもたらす新たなアプローチの提案(平成31-32年度)

・介入技法やケアプログラムの作成など

以上の研究成果については、毎年度、研究グループメンバーによる自己点検および外部評価委員による評価・意見聴取を行う。この点検・評価により研究の達成度を確認するとともに、具体的な研究計画の改善と修正を行う。平成30年度に中間評価を、平成32年度に最終評価を受ける。研究推進の過程で、学内および外部関係機関との積極的な協同により、学術的なインクルージョンの達成状況も確認し、立教大学ブランドの強化に対する貢献についても評価を行う。

ブランディングの取り組み

本事業では、研究成果として得られた、今日のグローバル社会において増大する様々なストレスに関する生命科学的理解、そしてその介入技法の提案を、広く社会に向けて発信することを計画しているものである。具体的な発信の対象としては、当該問題を研究する研究者、当該問題について臨床の現場で対応している医師をはじめとする専門実務家、そして本事業による提案により自らの抱える問題が解決されることを望む一般市民を想定している。

本学は、2015年度に、10年後を見据えた戦略方針・行動目標として、RIKKYO VISION 2024を策定・公表し、加速するグローバル社会の中で待ち受ける未知の課題に挑む「豊かな知性」と「折れない心」を育む人材を育成することを目標として掲げたところである。本事業は、現在のグローバル社会において直面する深刻な課題に挑戦するものであって、まさにRIKKYO VISION2024が志向する方向性に合致するものである。RIKKYO VISION 2024は、現段階では教育の側面に重点を置いたものとなっているが、本事業において設定された課題自体が「豊かな知性」と「折れない心」とは何かを科学的に追究するものであり、RIKKYO VISION 2024が目指す内容を研究の側面から補完・補強するものとなっている。その点において、本事業が本学のブランディング推進にふさわしいものであることは論を俟たない。

また、本学では、従来よりチャペルやボランティアセンターにより世界市民・現場課題・自他共生の実践の場を整え、研究・教育と実践を結びつけ融合する学びの仕掛け(サービスラーニング等)を設定してきた。本事業における基礎的実証研究(理論知)と応用的社会還元研究(実践知)の接続・融合は、こうした本学の伝統を受け継ぎ発展させるものであり、本学のブランドとして、社会・世界にその成果を広く発信・普及させたい。

本事業によってもたらされる成果については、RIKKYO VISION 2024の継続的広報の一環として、プレスリリース、新聞、雑誌への記事掲載、本学WEBサイトにおける公開など、ブランディング推進・点検委員会において重要かつ有効と認められた媒体を通じて発信し、本学のブランド力を一層高めることとしたい。