1. ホーム
  2. ニュース
  3. 「留学生のビジネス日本語授業」および「異文化コミュニケーション学部必修授業」と共学連携

「留学生のビジネス日本語授業」および「異文化コミュニケーション学部必修授業」と共学連携

立教セカンドステージ大学(以下RSSC)受講生は、「留学生のビジネス日本語授業」および「異文化コミュニケーション学部必修授業」に協力しています。RSSCの参加者は次世代を担う学部生の授業に協力することで、自分の経験を少しでも生かしてもらえたらという思いのある方々により構成され、世代の垣根を超えた授業は発見が多いと、学部生・RSSC受講生双方から好評を博しています。

異文化コミュニケーション学部 必修授業

異文化コミュニケーション学部 1年生の「基礎演習」に、RSSC受講生がコメンテーター役として参加協力しました。学部生がテーマに関するプレゼンテーションを行った後、社会人としての率直な感想を述べアドバイスします。発表の評価を付けるまなざしは真剣そのものです。授業後には、学部生からお礼のレポートを各自受け取り、RSSC受講生もやりがいを感じているようでした。

留学生のビジネス日本語授業

日本語教育センターが展開する留学生を対象とした授業「Business Japanese I, Business Japanese A(ビジネス日本語中級・上級)」にて、実践的なビジネス日本語の習得を目指す留学生の授業サポートを行っています。想定されるシチュエーションに応じたプレゼンテーション資料を毎回留学生が用意し、RSSC受講生が顧客役や上司役に扮して、本番さながらの状況で行います。自身の経験が留学生の役に立てればとRSSC受講生も真剣に取り組んでいます。

このページの先頭へ