理学研究科

21世紀の自然科学を支える高度な研究能力と学識を養成

マンツーマンの指導のもと、第一線の研究に取り組む

物理学、化学、数学、生命理学の4専攻からなる理学研究科は、大学院生に、近年の目覚ましい自然科学の発展に対応できる高度な研究能力およびその基礎となる豊かな学識を身につけてもらうことを目的としています。高度な専門性に加え、問題を自ら発見する課題発見能力、そしてその課題を解決する能力を養う最良の方法は、教員とともに実際の第一線の研究に参加することです。そのために理学研究科では、博士課程前期課程からほぼマンツーマンに近いきめ細かな研究指導を行います。このような大学院生の研究活動には、多種類の奨学金、RA制度、院生研究への資金助成や国内・国際学会発表、海外での実験・観測等の研究活動への補助など、充実した支援制度が用意されています。

理学研究科では4つの研究プロジェクトが進行中で、多数の大学院生も研究に参加しています。「先端科学計測研究センター」は、地上実験・飛翔体観測と理論を通して「宇宙と物質と空間」をめぐる基礎科学の先端的課題の解明をめざしています。「未来分子研究センター」では、分子設計に基づく機能性分子・材料の構築、開発を中心としたプロジェクトが進められています。「生命理学研究センター」では、これまでの少数の遺伝子・タンパク質の機能を解明する生命研究から、オルガネラ(細胞小器官)が駆動する真核細胞システムとしての生命体の研究への発展をめざした研究を展開しています。「数理物理学研究センター」では数理物理における最先端の研究が活発に行われています。

また、理化学研究所、産業技術総合研究所、海洋研究開発機構、国立がん研究センター、聖路加国際病院、放射線医学総合研究所と連携した大学院教育で、大学院生に広範な分野での最先端施設での研究の機会も提供しています。

物理学専攻では、物理学の深い知識をもって癌の放射線治療にあたる医学物理士の養成プログラムを順天堂大学他と共同で進めるとともに、物理学専攻後期課程には医学物理研究コースを設置しています。これらのプログラムは文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」によって支援されています。

育成する人物像

自然科学の知識と研究能力をもつ高度専門職業人・研究者

物理学専攻

極小の素粒子から極大の宇宙まで未解決の問題解明に迫る

極小の素粒子から極大の宇宙まで、幅広い対象に関して現代物理学の最先端をいく研究を行い、未解決の問題解明に迫ります。幅広い物理現象の中でも、いたずらに応用に走らず、より基礎的な課題を主な研究テーマとして取り組んでいます。付属の先端科学計測研究センターでは、最先端の計測技術を開発し、それを基礎研究に適用するプロジェクト研究が推進されており、大学院生はこのプロジェクトに参加することも可能です。

現代物理学の幅広い分野を研究

具体的な研究分野は素粒子・宇宙論、原子核物理、原子・ 分子物理、宇宙・太陽物理、宇宙線・宇宙空間物理、地球・惑星超高層大気物理の理論・実験・観測に及びます。

学外の大学・研究所との連携

理化学研究所や国立がん研究センターなど学外の大学・研究所と連携し、基礎から応用まで広範な分野において、教育・研究活動の一層の充実を図ります。

「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」の実施

原子核・放射線分野の教育を受けた人材を医学物理士として養成する「医学物理士養成プログラム」(博士課程前期課程対象)と、最先端の放射線計測技術を学び、その成果を臨床現場で活用できる能力を有する医学物理士および医学物理研究者を養成する「医学物理研究コース」(博士課程後期課程対象)を開設しています。

化学専攻

物質の性質や変化を体験し化学の醍醐味を知る

物質の性質や変化を体験し、「新しい物質を作り出す楽しみ」「原因を解明する喜び」を味わうことに化学を学ぶ醍醐味があります。大学院生は各教員の研究室に配属され、最先端の研究を学び、未知の課題に取り組みます。また、理化学研究所、産業技術総合研究所の連携大学院の研究室で研究を行うことも可能です。

学生と教員が一体となり取り組む研究

各教員のもとで、学生は教員と一体となって未知の問題に対する研究を行います。また博士課程前期課程1学年の学生数約20名に対してきめ細やかな少人数教育を行っています。

研究助成金の積極的な活用

研究成果の発表には、学会発表奨励金および本研究科独自の海外学会発表補助金制度が用意され、積極的に活用されています。

外部講師による授業を多数用意

本学の教員による講義だけでなく、他大学、企業および研究所の講師による時代の要請に応じたトピックスの授業も多数用意されています。

数学専攻

純粋数学から応用数学にわたる現代数学を深く学ぶ

現代数学の発展は著しく、整数論や代数幾何のような純粋数学が、暗号理論や符号理論のような応用数学に真に役立つ時代に突入しています。本専攻では、学部までに学んだ基礎知識をもとにして、現代数学をさらに深く学ぶことができます。

創意ある活発な研究とレベルの高い教育

優秀なスタッフを集め、創意ある活発な研究と、純粋数学から応用数学にわたるレベルの高いきめ細かい教育を行っています。

数学の奥深さを味わう

新しい理論の修得を考慮に入れて、未知の課題に取り組むことで、数学の奥深さ、すばらしさを味わえるよう配慮しています。

現代数学の先端の見識を深める

担当教員の個人的指導を通して、研究論文を完成させることを中心に、学内・学外の教員による講義で、現代数学の先端についての見識を深めます。

生命理学専攻

生命へのアプローチからその謎を解き明かす

さまざまな生物のゲノム情報が解読された現在、基礎をより大切にした生命へのアプローチをめざしています。大学院での研究は、これまで学んできた人類共通の知識に新たな内容を付け加えることになります。誰も答えを知らない生命の謎を解き明かしていきます。

分子レベルの実証を基礎に解明

生物の示す諸現象は、無生物の現象と何が共通で、何が違っているのか、生きているとはどういうことなのかを、分子レベルの実証を基礎として解明します。

3領域を軸に最先端の研究に従事

3領域(分子生物学、生物化学、分子細胞生物学)で構成し、学外専門家との交流も密に、最先端の研究に従事しつつ、現状を広く学習します。

充実した少人数制教育

各教員の研究室に所属し、教員1名あたり学生数名程度という非常に充実した環境で最先端の研究に没頭することができます。

大学院

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報課)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.