経営学研究科

新しい経営環境を、斬新な学際的アプローチから分析できる知識と能力を備えた研究者および高度専門職業人を育成

歴史と伝統に立脚した新しい経営学の研究

立教大学で経営学を研究する意義は何でしょうか。それは、歴史と伝統に立脚しながら新しい経営学を研究することにあります。立教大学の経営学研究科は設立して間もない新しい研究科です。しかし、立教大学における経営学の研究は、100年以上の歴史をもっています。このような歴史や伝統、そして、立教大学がもつ理念をベースとし、積極進取の精神で新しい時代にあった経営学を研究する、それが、立教大学の経営学研究科なのです。立教大学でなければ研究できない経営学がここにはあります。

企業はもちろんのこと、あらゆる組織は、社会からの期待に応えることができなければ、生き残っていくことはできません。そのためには、社会に貢献し、また、そこで働く人々に幸せをもたらす組織でなければなりません。そのような、新しい時代に求められる組織のあり方を模索します。

経営学は、実際に社会で役立つ理論を追求する実学です。机上の空論ではなく、実務の現場で役に立つ経営学を構築します。また、単なる評論家ではなく、自ら理論を実践することができるリーダーシップを養成します。

世界にはさまざまな人が存在し、さまざまな考え方、価値観があります。異質であることを否定するのではなく、また、同化しようとするのでもなく、違うということを認めつつ、相互に尊重し合うことができれば、多様性のもつ積極的側面を享受することができます。グローバルな立場から多様性を尊重した視点で現象を分析します。

育成する人物像

グローバルに学際的なアプローチから理論を実践できる専門家

経営学専攻

グローバル時代に向けた専門知識とリーダーシップを身につける

マネジメント、マーケティング、アカウンティング&ファイナンスの3つの分野を中心に、グローバル時代にふさわしい専門知識を身につけ、世界を舞台にリーダーシップを発揮できる人材を育成します。

博士課程前期課程

博士課程前期課程には、研究者養成のためのアカデミック・コースと高度職業人養成のためのプロフェッショナル・コースの2コースがあります。専門はマネジメント、マーケティング、アカウンティング&ファイナンスの3つの分野に分かれ、各分野において、前期課程にふさわしい高度な能力・知識の習得をめざします。また、経営学専攻で開講される授業のほか、各人の英語力と希望に応じて英語で展開する国際経営学専攻の専門科目を履修することもできます。修了に際しては、修士論文かビジネス・ケースのいずれかを選択でき、正副2人の指導教授のきめ細かい指導を受けることができます。

博士課程後期課程

博士課程後期課程では、一人の大学院生に正副2人の指導教授がついて徹底した個別指導を行います。この教育制度によって、最先端の専門知識と幅広い経営知識をもった優秀な研究者として独り立ちできる人材を育成します。

国際経営学専攻

国際社会でリーダーシップを発揮できる能力を備える

2011年4月に開設された国際経営学専攻では、国際経営分野の高度な専門性、グローバルな視野と能力、リーダーシップ力を備えた人材の育成をめざしています。ビジネスプロポーザルの立案を通して、各経営分野を総合的に学びます。

ダブルディグリープログラムの導入

ダブルディグリープログラムを導入し、2年間で本学の国際経営学修士と海外の提携校の経営学修士を同時に取得することが可能です。

全科目を英語で開講

全科目を英語で開講している点が大きな特長です。カリキュラムには、アジアにおける企業戦略の今後の課題と展望を探る科目などを設置しています。

ケースメソッド教授法の実践

少人数教育のもと、海外からの留学生とともに徹底したディスカッションを実現するとともにケースメソッド教授法を徹底的に導入しています。

大学院

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.