文学研究科

大きく変貌する現代社会において、新たな知的パラダイムを探求する8専攻

人文学の精神は、人間を探求し、深く共感すること

人文学は、文献や史料・資料に接しながら、総合的な人間理解を目的としています。個性溢れ、かけがえのない存在としての人間、家族や地域、会社、国家の中で生きる社会的存在としての人間、言語的・文化的・歴史的な存在としての人間について、定量的というよりは定性的に、一人ひとりへの視線を大切にしながら研究することに、人文学の眼目があります。

文学研究科の8専攻のうち、日本文学、英米文学、ドイツ文学、フランス文学、史学、超域文化学、教育学の各専攻は、長い歴史と実績を誇り、これまでの伝統を生かしながら、21世紀の課題を引き受けようとしています。比較文明学専攻では、人文学から出発しながらも従来の文科系と理科系、あるいは、人文・社会・経済・芸術といったこれまでの学問領域区分の壁を超えた、新しい学問領域の確立をめざしています。

立教大学の建学の精神は、「キリスト教に基づく教育」です。それは、共に学ぶ者があって初めて、学ぶことそのものが成立すると教えます。同じ空間と時間を共有することで、協働の営為としての学問研究が成立し、より有意義なものになります。教員は、それぞれの専門分野における先輩として、みなさんに接します。

期待する人間像

個別の人間理解から普遍を見とおす者

立教大学大学院文学研究科は、現代社会が大学院に求める学術研究の高度化と優れた研究者養成、高度専門職業人の養成という役割を積極的に担っています。文学研究科では、人文学の学びを通して、課題を発見し、問題を分析し、総合的対応を探求する人間を期待します。かつてない変貌を遂げつつある現代社会において、過去を読み現在を分析し未来を測ることができるのは、人文学の力です。そして、個性溢れ、かけがえのない存在としての人間、家族や地域・会社・国家の中で生きる社会的存在としての人間、言語的・文化的・歴史的な存在としての人間について、一人ひとりを尊重する眼差しを大切にしながら研究し、その成果を社会に還元する人間を輩出することが、文学研究科の目的です。

日本文学専攻

日本とは何か? 文学とは何か? を究める 世界に開かれた文学を求める

21世紀を生き抜く糧とするために日本の文学から叡知を学びます。現代の文学とともに過去の優れた古典文学を今日に甦らせ、その意義を掘り下げます。文学による自らの〈世界〉の創造をめざし、世界における日本文学の位置や役割を探求します。

日本文学と日本語学の高度な研究

古代から近現代に至る、日本文学の全領域と日本語学の高度な研究をめざします。研究領域の拡大を積極的に行い、学問の新たな地平を切り拓く方法論を常に模索しています。

専門性の高い多様な人材を育成

日本の文学・言語に関する、幅広い関心を受けとめる専攻分野の教員で構成されています。教育職・研究職から専門知識をもった職業人まで、多様な人材を育成します。

独自に海外の大学と協定

本専攻では、独自にコロンビア大学(アメリカ)、韓国外国語大学、北京日本学研究センターとの協定を結んでいます。

日本文学専攻

英米文学専攻

英米文学の広範囲な領域を網羅した授業を展開

英米の詩、戯曲、小説、英語史・中世英語英文学、その他英語圏の文学など、広範な領域の授業科目を開設。他の英米文学専攻の大学院との交流や単位互換制度を通して、高度な専門家と幅広い教養人を養成します。また英米文学・英語学関係の図書が豊富に揃い、研究環境が充実しています。

学生の研究発表を中心にした授業

大学院生と教員が全て参加する「英米文学研究方法論2」の授業は、大学院生の研究発表を中心に運営され、相互啓発を通じた研究の深化と多様化が図られています。

きめ細やかな個別指導を実施

各大学院生の希望を取り入れた複数教員による個別指導体制をとっています。また、毎年提出される修士論文の中から優秀な論文に、TN賞(5万円)が授与されます。

修了後は留学や英語を生かした道へ

力をつけて修了した大学院生たちは、さらに海外へ留学したり、研究教育機関へ就職します。英語を生かす専門職も進路のひとつです。

英米文学専攻

ドイツ文学専攻

従来の文献学的伝統をふまえながら最先端のドイツ語圏文化研究を展開

ドイツ語圏の文学・語学・文化に関する授業がドイツ人教員を含めたスタッフによって展開されています。修了後の進路は、専門知識を活かして一般企業などに就職する本専攻修了者も増えています。

丁寧な個別指導による研究ゼミ

学生が各自の研究成果を発表する研究ゼミを設け、指導教員による個別指導と併せて、複数の教員が丁寧な指導をします。

クリエイティブな研究活動の奨励

ドイツ語あるいは日本語による論文を2種類のドイツ文学専攻関係機関誌に公表する機会を設けるなど、クリエイティブな研究活動を奨励しています。

留学への充実した支援

ドイツの大学への留学は、本学の国際交流制度による派遣留学、個人的な留学のほか、ドイツ政府の公的奨学金などの申請も手厚く支援しています。

ドイツ文学専攻

フランス文学専攻

より深くフランス学に親しむプログラムを展開

フランス語、フランス文学、フランスの文化に関心をもつ学生に、さらに一歩踏み込んだフランス学に親しむプログラムを用意しています。いわゆるフランス文学の「古典」から現代文学・哲学、さらにはケベック・マグレブなどのフランス語圏文学まで、幅広い関心を受けとめるスタッフで構成されています。

専攻全体で研究生活をバックアップ

狭い意味での専門だけでなく、今を生きる私たちにとってというアクチュアルな問題意識を常にもちつつ、それぞれの分野に取り組むことを心がけています。また、グローバル化のなかで、フランスのみならず、広くフランス語圏を視野にいれたカリキュラムを設けています。指導教授はもちろんのこと、授業や各種研究会での口頭発表などを通して、専攻全体で研究生活をバックアップします。

研究職から一般企業まで多様な進路

在学中に協定校に留学するものも多く、フランス語力のレベルアップにも力を入れています。また、本専攻で修了した後は、研究職から一般企業まで、多様な就職先で活躍しています。

フランス文学専攻

史学専攻

過去を究め、未来を切り拓く。そこに歴史家の特権がある

歴史へのまなざしは、私たち人間のいま、そして行く末も見すえます。正しく史実を探り、過去の人々の生き方を理解することは、人類の思考と行動の無限の可能性に目を開かせてくれるでしょう。史学専攻はそんなまなざしをもった人間を育てます。

歴史学を3つの領域で研究

現代が問う歴史学の課題に、3つの領域(日本史・東洋史・西洋史)に亘る多彩な教授陣で対応します。各自の個別研究を基礎に、フィールドワークで学際的関心も養います。

情報収集・分析・論理的思考、そしてプレゼンテーション

客観的な根拠=史料を示して論理的な考察を行うスキルを身につけます。自己表現の技術を鍛え、社会に貢献していくことも目標です。

充実した研究ネットワーク

国内はもとより、中国、韓国、東南アジア諸国から北欧諸国、イギリス、イタリア、トルコにいたるまで、教員のもつ幅広いネットワークが研究を助けます。

史学専攻

超域文化学専攻

人文地理学と文化人類学の視点からフィールドワークに基づき研究

人文地理学、文化人類学、考古学、民俗学、地域研究の融合による実証的な研究・教育を実施。現代のグローバルな課題に対しても幅広い関心を示し、フィールドワークを主体とする具体的な地域での、個別の人々との接触の中で学び育まれる専攻分野です。

各自が専門のフィールドを定めて研究

人文地理学および文化人類学の視点から、風土と人間の生活・文化について学びます。フィールドワークを重視し、各自が専門の研究対象地域とテーマを定めて研究を進めます。大学院生が主体的に研究誌『RUGAS』を刊行しています。

多角的な地域の理解と全体観を養う

調査地域や研究テーマは、教員のアドバイスを受けつつ大学院生が自主的に決めます。地域の多角的な理解と全体観の涵養は、実社会に出ても必須の素養です。

充実した研究サポート体制

博士課程後期課程の大学院生には、海外に調査地を定めて、語学の習得から本格的に取り組み研究者をめざす者もいます。本研究領域で海外調査を行う者に対しては、「青柳真智子奨学金」制度が用意されています。

超域文化学専攻

教育学専攻

「教育学」とは、人間にとっての根源的な問いを問い続ける営みそのものである

「教育とは何か」。この問いは人間の歴史とともに問われ続けてきており、「人間とは何か」という問いと同じく根源的であると同時に答えのない問いかもしれません。しかし、答えのない問いを問い続けることで新たな知見を提示していくことにこそ「教育学」という学問の魅力があります。

広い学問領域での専門性を追究

教育哲学、教育史学、教育社会学、教育心理学、教育方法学、社会教育学、芸術教育などに亘る広い学問領域の中での専門性を追究します。

教育現象の分析と方法論の探究

学問を性格づけているのは方法論です。それゆえ方法の探究と同時に、分析という批判的営みを通して新たな知見の獲得をめざすことになります。

高度専門職業人や研究者の養成

高度専門職業人養成と研究者養成、社会人および教員の再教育を行います。また学外専門家、実践者との積極的な相互交流があります。

教育学専攻

比較文明学専攻

新たな人文知の地平を開く

比較文明学は、文化現象を個別に論じるのではなく、人文知の可能性を最大限に探求する場です。従来の学問領域に限定されない人文学の総合的な知を養っていきます。

人文知の総合力

文学、哲学、表象文化論、文化批評など、人文学の基礎を踏まえつつ、多様な視野と知識の習得を可能にします。

時空を横断する文化研究

現代思想や文芸の動向に触れながら、世界的な座標軸のなかに、みずからの研究を位置付けることを推奨します。

創造的学習・研究を実施

複合領域を学位論文テーマとする創造的学習・研究が可能です。また文芸創作とその流通をも主題とし、創作的文章も学位審査の対象とします。

比較文明学専攻

大学院

英語ディスカッション教育センター

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.